忍者ブログ

偽物の人形が歩し道

ここは栗鼠氏が運営するネトゲ「False Island」でのPL:る(略 PC:ENo.363 五乃神楽 亜理沙がお送りする雑記ブログですよ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

43日目結果更新

また間が空きました・・・・・もう一ヶ月更新でいいよね∈(・ω・)∋

通常戦結果>
サニー&サバス戦は無事勝利・・・・と言いたい所ですけど、なんで私通常攻撃ばかりしてんの(・・・)
SPオーバーフローでした。すいませんすいませんすいませんorz
1ターン目の狙撃自体も5行動行くかなー?と思いましたが届かず。
これ以上の行動増加は猫耳やSPD増加系統を使わないと厳しそうですね。

んで、結局クトゥルフねず・・・・もといPTMのジゼル君のエンジェリックボイスに全面的に頼って勝利。
攻防一体で強すぎるなー。これだけで大抵の敵は勝てるんじゃないだろうか(-ω-;)

フェイさんの攻撃力も武器の更新でしっかり上がっていたので一安心。
ピンケットは中々優秀ですね。

もうそろそろサバスは地力の関係でたやすく勝てる所が多そうです。

まぁ、結果オーライで大丈夫――――――

>リビングドール・ベアが隙を見て逃げ出しました!

( ゜д゜)

(゜д゜ )

( ゜д゜)

・・・・・・・・・orz
三枠目ともなるとやっぱり厳しいのね。うん。

サバスルートで先行してる方々は今回またイベントですけど・・・・・これは熱い展開。
文章からして榊は短剣を使いそうですが、別のエージェントも召喚しそうな予感。
全裸のサバスが味方という前提ですから、強さはラザレスクラスが二体・・・とか考えれそう。

(でも、先行してる方々が異常に強いので一発抜けしそうなのが怖い所。アナバシス豪斧アッパーコワイです)

とはいえ、うちのギルドで1PT引き分けが出てしまったので、再戦待ちで少し休憩。
再戦すれば恐らく普通に勝てそうなのでそこは安心。
神崎と榊の強さを拝見してから、勝てる方策を立てて一気に攻略かなーと見ています。



あ、そういえば後方からえねり様が迫ってきてますね。ここいらのソロ行動を取る方々は要注意ですよ。
既に被害者が何名か。

闘技三回戦>
銃PTとしてクロイツ(253)さんと田貫(386)さんと一緒に戦わせてもらってます。
二人とも強いから私は楽が出来るむー∈(・ω・)∋

まぁセオリーどおり、前列射程1しかいなかったので、ゴーレムを召喚して足止め。
鏡面世界は流石に使われてませんでしたが、あの設定だとゴーレムの壁は破れなかったかと・・・。
マーブルゴーレムはなんだか便利すぎる感じ。
鎮痛LV3*2に反撃までついて、活泉LV3*2のサイクラッシャーにマルドゥーク。
ここまで強いのは私が珍しい物理系召喚士って事も影響してそうですが、どうなんでしょうね。
亜理沙の敏捷成長に伴ってマーブルゴーレムの追加行動も明らかに増えていますので、物理ステータスが影響してるのは間違いなさそう。

近々にサモン・フォートレスが控えていますが、この召喚、なんだか他の方々の使用結果を見る限り非情に微妙です・・・・。
魔攻LV3は付加にあることから、魔法系でしょうし、私のステータスは明らかに魔法には不向きなのでたぶんがっかり召喚な予感。SP1200も使って呼ぶものではないですね。
私は微妙に本職ではないですし。

おっと脱線。

ソウルブレンの不安定さが顕著に現れていた結果でもありました。
安定を求めるならやはりスーパーリラックスかなー・・・・・しかしSP供給量が少しそれでは微妙。
うーん、悩む。

次回は・・・・・・すごく・・・・多いです・・・。

取得品>
彼岸花をゲット!
・・・・・とはいえ、亜理沙はタスラムという強力な攻撃回復技がありますので、吸収3はあまり要らない感じです。
次回の遺跡外で売ってしまおうかなーと画策中。加速装置がホシイです。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[11/29 亜理沙]
[11/29 くおん(201)]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
る(略
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター